81 名前: ◆KAKASHIqlM 投稿日: 2008/08/14(木) 00:06:19.43 ID:900fxlnN0

分厚い雲が空を覆ったその日、俺は一人車から降り出す。
こんな日でも気温はいつもどおりに上昇し、そのうえ湿気で蒸し蒸しとして最悪だった。
家を出る時にカーチャンが言っていたことを信じるならば、夕方には雨が降り出すはずだ。


そうなる前にさっさと済ませて、家に帰ろう―――――


俺はぼんやりと、そんなことを考えていた。





('A`)は墓参りをするようです






82 名前: ◆KAKASHIqlM  投稿日: 2008/08/14(木) 00:07:10.25 ID:900fxlnN0

クーが自殺したということを聞いたのは、俺がこの村を出て2年くらい経った時のことだった。
彼女が何を思って“そう”したのかは、見当もつかない。

葬儀の連絡も来たが、俺は行かなかった。
だらだらと都会でフリーター生活をする身で、来にくかったというのもあるが。

何も思わなかったといえば、嘘になる。
だが見境なく感情が昂るほどには、ならなかった。

気丈で、世話焼きなクー。
でもちょっと臆病で、俺に頼りがちで。
笑ったときの笑顔が可愛くて、俺はずっと昔から友達以上の感情を抱いていて―――――


('A`)「……おっと」

そんなことを考えながら歩いていると、いつの間にか彼女の墓前にまで来ていた。
その前には、前髪を垂らした見知らぬ女性が立っている。

川д川「あ……、どうも……」

('A`;)「あ、どうも、こんにちは」

透き通るように弱弱しい声で、話しかけられた。
相手につられて返事をしたのはいいものの、その後が続かない。

別に知りあいとういう訳でもないし、それが普通なのかもしれないが。



84 名前: ◆KAKASHIqlM 投稿日: 2008/08/14(木) 00:07:40.82 ID:900fxlnN0

('A`)「…・・・クーさんとは知り合いなんですか?」

線香をあげながら、しばらくはそんな微妙な空気を背中に感じていたが、
やがていたたまれなくなった俺は、思い切って彼女に尋ねる。

川д川「……そうですね、古い知り合いです」

('A`)「そうなんですか……」

それっきりで、また会話が続かない。
続かないなら続かないで別にそれでもいいのだが、なんとなく不安になる。
何か話のネタになるものはないかと焦って探し出す。

そういえば、名前も聞いていない。
聞いてみるか……?
いや、別にたいして必要だとも思わない。

クーとの関係?
古い知り合いとしか言わなかったし、言いたくない理由があることなども考えられる。
そこを突っ込んでいけるほど、度胸もない。

どうする?マジでどうする!?
落ちつけ!素数だ!!素数を数えt



85 名前: ◆KAKASHIqlM 投稿日: 2008/08/14(木) 00:08:13.63 ID:900fxlnN0

川д川「……雨」

('A`;)「はひっ?」

川д川「雨、降ってきましたね」

彼女の言葉で空を仰ぐと、ぽつりと雨粒が顔に当たる。
どうやら予報通りになってしまったようだ。
あの曇り空からこうなることはわかりきっていたが、特に傘の準備などをしてきているわけではない。

('A`)「あー、さっさと帰った方がよさそうだな」

川д川「そうみたいですね……」

雨の滴はだんだんとその数を増やしていく。
俺は手早くお供え物を仕舞いながら、彼女に向きなおって言った。

('A`)「俺、車で来たんだけど…・・・。
    良かったら、家まで送りましょうか?」



87 名前: ◆KAKASHIqlM  投稿日: 2008/08/14(木) 00:08:49.28 ID:900fxlnN0

名前も知らないその子を助手席に乗せて、俺は適当にそこらの道を走る。
いつの間にか、自然と彼女と会話ができるようになっていた。

('A`)「…・・・そっか、隣町の方の人なんだ。
    道理で見覚えがないわけだ」

川д川「ええ……、そうですね……」

('A`)「そういやクーのやつ、習い事だか何だかで結構行ってたしなぁ」

そう言うと彼女は、力なく微笑む。
その顔を見て一瞬心を奪われそうになるが、あわてて前を向いた。

('A`;)「そ、そういや、隣町の方は道とかわかんねぇから、ナビ頼むよ」

取り繕うように言ったが、若干声が上ずっていたような気がする。
どこか懐かしくて、胸が締め付けられるような気がした。

そんな俺を見つめながら、彼女は静かに言った。

川д川「……ここまでで、結構です……」



89 名前: ◆KAKASHIqlM

 投稿日: 2008/08/14(木) 00:09:30.56 ID:900fxlnN0

ドアに手をかけた彼女をあわてて止める。

('A`;)「待って!」

川д川「……?
    何か、ありましたか?」

何か話題を、
名前を聞く?
いや、でも、

('A`;)「か、雷も鳴ってるし、急がなくてもいいんじゃないかな」

川д川「…・・・はぁ」

('A`;)「カミナリサマも怒ってるし、もう少し話そうぜ」

川д川「……そう……ですかね……」

('A`;)「そうだよ!!」

我ながらよくわからないことを言いながら、必死で彼女を引き留めようとした。


だって、彼女はきっと、

いや、絶対に―――――



91 名前: ◆KAKASHIqlM  投稿日: 2008/08/14(木) 00:10:04.91 ID:900fxlnN0

彼女はふふっと小さく笑うと、こちらをしっかりと見つめながら言う。

川ー川「……でも、もう行かなきゃならないんだ。
    だいぶ長居しちゃったからな」

('A`;)「駄目、なのか?
    もう少しだけでいいから・・・…!」

川ー川「ごめんな、でも、最後に会えてよかった。
    ありがとう、ドクオ」

(;A;)「雷、鳴ってんだぜ?
    お前苦手だって言ってたじゃんかよ!!」

川ー川「最後なんだ、笑って送り出してくれよ」

俺の顔はもう、涙だか鼻水だかでぐちゃぐちゃになっていた。
だが、構うもんか。
俺はクーを抱きしめて叫ぶように言う。

(;A;)「クー!!」

川ー川「なんだ?」

(;∀;)「また、会おうぜ!」

川ー川「ああ、約束だ」



92 名前: ◆KAKASHIqlM  投稿日: 2008/08/14(木) 00:10:31.64 ID:900fxlnN0

そのあとのことはよく覚えていない。

カーチャンによると、いつの間にか帰ってきていて、車の中で涙流しながら寝ていたそうだ。
「自殺したかと思った」といって一騒動あったのは、また別の話。

クーに会ったことは、誰にも言っていない。
言ったところで冗談と思われるのが関の山だろうし、何よりそんなことはクーが望まないはずだ。

('∀`)「『最近のドクオがだらしない!』って怒りに来てくれたんだよな」

そう呟いたところで答えがないのはわかっていたが、
澄み渡るほどに晴れ渡った青空が、その答えで良さそうだった。



戻る

inserted by FC2 system